読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

点子がゆく

映画や自転車や温泉の話をするブログです。

おじいちゃん、夜中に散歩行かないで‼︎

去年の4月に圧迫骨折をして体力が落ちたようなので、散歩を勧めた。

夏になると、散歩が定着して、家族が寝てる間に散歩を時々していたようだ。

 

「まだ空が暗いけど、

散歩という目的があるし、

ちゃんとうちに戻れるから、徘徊ではない」と思っていた。

 

デイケアから帰って夕方にも散歩をするように言うと、真面目にしていた。

 

夏が過ぎ、段々と日の出日の入りが遅くなったころだ。

 

日が落ちた頃に夕飯の買い物をしに自転車で家を出た。

自転車を走らせ、二つ目の角を右折したときだった。

右手の足元に何かいる。

 

自転車を走らせ、通り過ぎて気づいた。

 

「あ、じいちゃんだ」

 

うちのじいちゃんが通りぎわの家の玄関先にうずくまるように座っていた。

 

門がない家なので、玄関は道路に隣接している。

「危ないなあ」

 

脊椎の狭窄症のせいらしい。

間欠性跛行

歩くと休む、歩くと休むの状態なのだ。

 

それからは暗い時の散歩はしないように話した。

と言っても

 

一度、頭に「散歩しなきゃ」と思いがよぎると

 夜中でも空が暗かろうと何時であろうと、関係ないようだ。

 

口で説明しても、夜中にトイレにいったときに散歩スイッチが入ると       勝手に出て行くが繰り返された。

 

チェーンをしててと、鍵をかけてもダメだ。

 

散歩の時だけ杖をつく。杖の先が道路にあたり、カンカンとなる。

 

住宅地の静寂の中

杖のカンカンする音

 

あ、じいちゃんが出ていった。

 

真夜中に夫を起こし追いかけていったこともあった。

 

業者に頼むとすぐに一万、二万となる。

 

チェーンが外れないように、チェーンに鍵をかけた。チェーンの穴に入る細い鍵が千円もしないであった。

 

それ以来、夜中の散歩は無くなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミュシャ展に行く

f:id:tenkochaniine:20161203131755j:image久々に美術館で絵画鑑賞。

ミュシャの作品は好きだが、絵画鑑賞をする体力が心配で二の足を踏んでいた。

学生時代、泰明小学校のそばで観たような、

いや  あれはレーパンだったか、

たしか、第九の怒涛だった。

 

さて、ミュシャ展は

明日の日曜が最終日。

 

美しいもの、きれいなもの、芸術的なものが好きな母を誘う。

 

 

海外旅行をこなしている母曰く、

 

イギリスでは

高齢者は無料らしいが、日本では

高齢者割引はない。

 

人口50万人に満たない地方都市のいいところは、美術館で混まないこと。

 

前を歩く人をちょびっと意識して進む。

 

疲れたらベンチで休む。

 

ミュシャといえばポスターで有名。

 

女性の横顔に流れるような長い髪

バックには円形の装飾

アールヌーボーの洗礼を受けたミュシャ

お菓子のパッケージにポスター、装飾画集、サラベルナールのポスターにレストランの注文表

 

後半生は独立した祖国チェコのために

無償で切手や紙幣のデザインを手掛ける。

革命後のロシアを救済するポスターもてがけた。

熱い男である。

 

スラブ民族の衣装の娘を描いた作品がよくあるが

顎を引いた顔から見上げる瞳は

ハプスブルク家からの解放を願う反骨精神の表情の思えてきた。

 

外枠を黒く濃い線で描かれた女性の美しさは万人向けする。

 

ミュシャも芸術のための芸術でなく、民衆のための(手近で誰もが直ぐに見れる、手にとれる もの)

 チェコの独立に情熱を傾けた

ミュシャチェコ読みでムサ)らしい。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tenkochaniine:20161203132518j:image

 

 

 

聖の青春

将棋のルールはわからないけど、

羽生善治さんや村山聖さんは名前や顔ぐらい知っている。

 

将棋は戦い

生きるか死ねかの真剣勝負なんだ。

 

体重を10キロ増やし、将棋が人生そのものの村山聖

ネフローゼと共に生き、将棋以外には自信もなく、好きな子に好きとも言えない不器用な村山聖の生き様を演じるのは

青森出身でぼくとつとしている松山ケンジしかいない。

 

トンボメガネに髪型を変え、羽生善治さんによく似てる東出君。

見かけだけでない、

おそらく羽生名人がしそうな仕草をするところが役者として一皮剥けたのかな。

 

大根役者と言われていたが、

なんのなんの、大根が化けた。

 

一瞬も目を離さずにスクリーンを見続けた。

地味だがよい作品。

 

観終わって、彼らを魅了する将棋を習おうかな

そんな気がした。

 

 

 

 

 

 

ティファニー ニューヨーク五番街の秘密

f:id:tenkochaniine:20161204114225j:imageティファニー と言えば「ティファニーで朝食を」を思い出す。

 

ティファニーが魅力的な宝石で

女優、ファッション編集者、ジュエルデザイナーや知らないけど、有名らしい人がたくさん出演する。

 

前半はティファニーブルーにまつわる話。ティファニーの歴史やショーウィンドウデザイナーなど興味深いが

 

無縁の生活過ぎて、途中で寝てしまった。

 

一つだけティファニーを持っていますよ。

 

知っているのはハートが斜めになったオープンハートのペンダント。

 

ティファニーで新婚旅行の記念にトランプを買うつもりが、

ソラマメのペンダントをプレゼントしてもらった

うれしい思い出がある。

 

やはり貴金属のプレゼントはうれしい。

 

できればまたプレゼントが欲しいなぁと思えた映画でした。

 

ティファニーの宣伝映画よね。

 

f:id:tenkochaniine:20161204115406j:image映画観た人に、ティファニーブルーのクリアファイルのプレゼントあり。🎁

 

これもうれしい。

 

 

 

 

鹿児島3日目

恒例の朝の散策。

明治の偉人たちの像や向田邦子の関わりのある地を行く。

f:id:tenkochaniine:20160828123612j:image宿のすぐそばに鹿児島中央駅

昔の西鹿児島駅かな?

たしか、寝台富士の終点のはず。

 

大通りをまっすぐ行き、川に出る。

高見橋f:id:tenkochaniine:20160917140247j:image

川沿いで歩く人、走る人、犬の散歩の人

 

鹿児島の街は空襲で焼けたのであろう。

偉人ふるさとロードでf:id:tenkochaniine:20160917140346j:image         f:id:tenkochaniine:20160917140407j:image 

 f:id:tenkochaniine:20160917165740j:image大山巌の碑の向かいの趣のある建物

明治の偉人たちの生家跡の碑

 

大山巌の妻は津田梅子と一緒に留学した人だったはず。

 

明治の偉人巡りの後は、昭和の作家

向田邦子を偲んで歩く。

山下小学校は卒業までは在籍してないf:id:tenkochaniine:20160917170056j:imageが、思い出深い学校。f:id:tenkochaniine:20160917170035j:image    f:id:tenkochaniine:20160917170121j:image

山手の方に行き、住んでいた家の跡地にも行く。

f:id:tenkochaniine:20160917170228j:imageこの坂を上る。

f:id:tenkochaniine:20160917170300j:image今はもう家はないが、電信柱側の塀は当時のままらしい。

 

猫好きの向田さん、子猫が出迎えてくれた。f:id:tenkochaniine:20160917170445j:image    f:id:tenkochaniine:20160917170507j:image

 

f:id:tenkochaniine:20160917170536j:image   小高い丘にあったであろう家から、

もしかして、海が見えたかもしれない。

 

名残惜しいが宿で相棒が待ってます。

 

f:id:tenkochaniine:20160917170717j:image災害の記念の公園?

f:id:tenkochaniine:20160917170737j:imageこの高さは車は無理ね。

点子なら、オッケー。

 

宿で朝食を済ませチェックアウト。

 

島津家の菩提寺で参拝し、かごしま近代文学館に行く。

 

2階の向田邦子さんコーナーにはおしゃれな彼女のスカーフが展示されていた。

 

生命保険会社の転勤のサイクルは短い。

 

たった2年ほどの鹿児島の生活が、

 

彼女の心の故郷と呼べる場所になった。

 

街を運転してても、マイペースで凄くの

んびり運転している車がいても

鹿児島の人は苛立たない。

 

江戸から遠く離れていても、

幕府や日本の事を思案し、行動する強さ

とおおらかさを持つ鹿児島。

 

せっかちな彼女はそんな鹿児島に惚れたのかしら。

 

 

近代文学館の1階の図書室は、誰もいない。

 

たった一人の空間で、

 

向田邦子さんの作品や

 

雑誌を読む。

 

 

旅人だけど、こんな時間を持てて

 

しあわせ。

 

昼ご飯は天文館まで歩いて行く。

 

鹿児島で食べたいもの

f:id:tenkochaniine:20160925142524j:image              f:id:tenkochaniine:20160925142543j:image

 

しろくま」とラーメン。

 

「むじゃき」でしろくまを食べる。

 

「むじゃき」って店の名前。

 

有名店なのだろう。

 

並んでいるが、しろくまだけだとすぐに

順番がきて、2階の店に案内される。

 

まず水がくる。

 

f:id:tenkochaniine:20160925142909j:image     真上から見たらしろくまに見えるかな?

 

レギュラーは多いので、2人で一つを分ける。

 

一口食べると、脳天までキーン。

 

雨の降ってる、クーラーのあるところで

 

食べるには、つらい。

 

でも美味しい。

かき氷なのに    

 

お値段高いなあ。

 

それから商店街で鹿児島のラーメンを食べてた。

有名店らしく並んでいた。

麺が伸びて悲しいラーメンだった。

 

暗くなるまでに帰りつきたいので、北へ。

 

鹿児島の締めは、じゃんぼもち。

 

国道を北上し踏切を渡ってすぐに右折。

向田邦子さんの思い出のじゃんぼもち屋に行く。

 

注文し、出来上がるまで座敷から海を眺める。

向田さんも眺めた景色。

 

帰路の車中で食べたじゃんぼもちが鹿児島で食べたものの中で一番美味しかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1階にレストランがあり、その奥には図書室がある。

 

誰もいない部屋。

 

相棒とわかれて、ひとりでのんびり本を

読むのに最適な場所。

 

旅の途中。

旅という非日常の中に、日常の一編の様に    読書する。

 

読書は日常なのだが、日常の中ではなかなか作れない時間。

 

非日常となりつつある、読書を楽しむ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tenkochaniine:20160828115126j:imagef:id:tenkochaniine:20160828115141j:image

和歌山3日目 新宮市

新宮駅に近い宿から、早朝の散策で大逆事件の碑や浮島をパラ〜と見学。

 

f:id:tenkochaniine:20160919065338j:imagef:id:tenkochaniine:20160919065338j:image

本日は自転車で新宮市の街を散策。

 

f:id:tenkochaniine:20160815103626j:image

 

f:id:tenkochaniine:20160919065616j:image大通りで人が並んでいる店がある。

 

並んでいる人に聞くと、

 

鈴カステラが美味しいとのこと。

 

10分くらい並んで、鈴カステラをゲッ

ト。

 

美味しいけど、鈴カステラに鈴カステラ

 

なのね。

 

f:id:tenkochaniine:20160815120230j:image西村記念館ハウスお休みでした。

半円の玄関ポーチは石を組んでいます。   

 

f:id:tenkochaniine:20160815120309j:image庭に続く出入り口の枠も石をを組んでます。

曲線がカワ イイ❗️

 

 

f:id:tenkochaniine:20160817004858j:image朝の散策で新宮駅で見たポ

 

スターの瀞峡

 

 

ウォータージェットに乗る。

 

これがヒット

 

名所旧跡めぐりで疲れたら、

 

自然の中では過ごすのが一番。

f:id:tenkochaniine:20160817005009j:image             f:id:tenkochaniine:20160817005031j:image亀みたいな岩

f:id:tenkochaniine:20160817005104j:image獅子みたいな岩

f:id:tenkochaniine:20160817005131j:image

 

明日はいよいよ本宮。

 

今日はリーズナブルな新宮に戻り泊ま

 

る。

 

 またまた、新宮。

 

マイ自転車はお休み。

 

宿の無料自転車で市内散策と夕飯に出か

ける。

 

徐福公園の不老の池

渡るとながいきしそう。f:id:tenkochaniine:20160815175957j:image 

f:id:tenkochaniine:20160815180203j:image徐福公園の人面魚。

 

f:id:tenkochaniine:20160815180620j:image

f:id:tenkochaniine:20160815184822j:imageレストランで夕飯。

 

明日は歩きます。

 

宿の無料ランドリーとドライヤーはあり

 

がたい。

 

明日は歩くので

 

早目にホテルでおやすみなさい。

 

 

 

不安なこと

新しい環境は不安。

慣れるまでは誰とどんな話をしていいかわからず  その日はただ過ぎていく。

 

価値感が似てる人に巡り会えたら、思ったことも言える。

 でも、たのしいかいでした。新しい環境でピピンとくる人はすぐ見つからない。

 

新しい環境の自分の居場所が見つかるまで不安。

 

それは大人も子どもも

お年寄りも

誰でも一緒。