読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

点子がゆく

映画や自転車や温泉の話をするブログです。

雲ヶ岳登山

9時20分登り始め 白山神社 整備された登山道を進む 西の弘法様 随分登りました スカイツリーと同じ高さの第2展望台。 鯉のぼりが泳いでいました 山頂まではなだらか 10時15分到着 大元神社へと行く道 おんなじ葉っぱが並んでいる 参道へ 大元神社の祭事の日…

たかが世界の終わり

いかにもホモっぽい主人公と疎遠になっ てた家族の再会。 12年ぶりの息子の帰省に浮き足立っ て、感情丸出しの母親。 まるで点子 母親と幼すぎて兄のことをよく知らずに 育った妹と成功した弟との差を感じて生 きる兄。 家族だから言いたい事を言い合うは、…

花見ヨガ

今年は桜の開花が遅く、4月になって咲 いた。 満開の桜の下での花見ヨガに参加した。 休日で、会場の公園は人だかり。 太極拳をするグループあり、 もちろん、焼肉組もあり、 ヨガマットを並べた花見ヨガの横では 場所取りのシートを敷き詰めているおじ さん…

話す犬を、放す

これを認知症の映画とは言いたくない。 主役のひとり暮らしの母親がレビー小体型認知症なんだけど、 母親とのことだけでなく、 芝居一筋で婚期に乗り遅れた娘や幼子を 育てながら映画を作ろうとする女の監督 や主婦として家族のために生きてきた認 知症にな…

しまなみ海道のち、松山お遍路

夜の七時頃に松山駅に到着。 お腹が減った。 あったかいものが食べたく、駅のうどん屋さんでじゃこ天うどんを食べる。 おつゆの美味しいこと 写メする間も無く胃袋に入る。 道後温泉行きは伊予鉄のチンチン電車のはず。 輪行袋が重いので、効率よく電車乗り…

3月のしまなみ海道 波止浜からスタート

自転車組み立てて、荷物を積むのに20分。はぁ 8時50分出発 サンライズ糸山到着 今年はドコモの「いまどこ」で紙スタンプなしで参加します。 9時40分出発 このループがたまんないわぁ 一つ目のポイントで島じゃこ天120円食べてゴー 宮窪峠はきつい、きつ過ぎ …

しまなみ海道

福本さんが故障で川沿いの別のふねで尾道に戻る。自転車込みで110円 スタートする前に朝ごはんのため絶対寄りたいところ パン屋航路 尾道にきたら、ここは欠かせないね。 パン屋航路 U2前、尾道スタート地点 スタートは9時過ぎました。 又、また船で向島に行…

3月のしまなみ海道を行く②各駅停車の巻

フェリーが八幡浜に着いても、5時半まで休憩できる。 デリケートな点子はウトウトするが、熟睡できないで、4時半。 八幡浜駅発の松山行きが5時半頃だから、そろそろ下船。 さよならあかつき丸 切符売り場の隅で自転車を組み立てる。 新聞配達の人に道を聞く…

3月のしまなみ海道を自転車で行く

仕事の区切りをつけた金曜日の夜。 23時50分発の八幡浜行きのフェリーで四国を目指す。 3時間程で到着し、翌早朝まで船内で休憩。 5時半過ぎの八幡浜から青春18切符で片止浜駅まで行く。 自転車は輪行袋に入れ、リュックサックに最小限の衣類など入れる。 フ…

息子の作った味噌汁

仕事が忙しく8時頃に帰宅。 よく、娘が夕飯を作ってくれる。 こんやは息子の味噌汁付き。 同じ具材、同じグリーンコープのだしなのに なぜか美味しい。 息子が作ってからか 珍しいからか ご馳走さまでした

霊山、一人登山

天気の良い土日休みです。 山登りターイ で、日曜朝に家族におにぎり朝ごはん を用意して、 「霊山行って来まーす」 いつもは集落のところから登ると頂上まで2時間くらい。 今日は端折って、霊山寺の駐車場に停めるから半分の片道1時間コース。 7時40分出発…

人生フルーツ

ドキュメンタリー映画は私の知らない世界や人々を教えてくれる。 こういう夫婦がいたなんて知らなかった。 あとでわかったが、地元テレビ局が長年かけてこの夫婦のことを映してきた。 これって「夢は動物のお医者さん」や「みんなの学校」や岩国のこと田舎の…

アイヒマンを追え!

ナチスの親衛隊でユダヤ人を強制収容所に移送させた重要人物、アイヒマン。 彼を捕獲した検事長バウアーの物語。 信念を貫くことの大切さを教えてくれた。 戦後15年たったドイツだが、ナチの残党が政界や司法界など権力を持っていたことが、信じられない。 …

幸せなひとりぼっち

59歳のオーヴェの話 最愛の妻を亡くし、頑固者ジジイのオーヴェ。 不器用だが、信念を曲げない男 笑顔の素晴らしい、前向きな妻に先立たれた彼が、自ら命を立ち 妻のもとにと行こうとする。 しかしいつも邪魔が入り、自殺がなされない。 引っ越して来たイラ…

点子、元越山に登る

朝刊に掲載された元越山登山に参加した。 ひとり参加の点子は、地元主催だと道に迷わないですむので、心強い。 おまけに豚汁、ぜんざいのお接待。 もちろん参加無料。 公民館集合だから、ナビで迷わない。 8時集合なので、6時半に過ぎに家を出る。 公民館の…

こころに剣士を

エストニアが舞台の映画である。 監督はフィンランドの人。 フィンランドのツアーで必ずと言っていいほど出てくるのは、エストニアのリアドへフェリーで日帰りオプション。 それくらいフィンランドとエストニアは近い。 言葉が喋りすぎない映画。 主人公エン…

パーマネントライフを探して

パーマネントライフ? パーマネント? 調べると半永久的? 今のままだと、人類は滅びる。 未来の子どもたちのために、どう生きるのかを模索する旅 我が家の庭には花壇を作るスペースがある。 引っ越してきた年は家庭菜園に目覚めた。 トウモロコシ、トマト、…

年末に自転車でさすらう点子

26日までしっかり働いたので27日から休みを取った。 29日に友だちとランチの予定があるので、2日半で帰れる場所を考えた。 うーん、「私たちのハァハァ」の関門トンネルを行こう。 いざ出発の直前に友だちからランチキャンセルの電話。 わあ!予定変更。 7…

92歳のパリジェンヌ

予告編で、充実して生きているヒロイン像や母と娘の関係にトキメキ、87歳の老親と観ようかなぁと思った。 でも、 尊厳死がテーマなので、 美しいもの きれいなもの が、好きな母は好まないだろうから一人で観た。 食事中によくこぼす義父にきつい言い方をす…

初恋がきた道

人を好きになることが、こんなにも美しいとは。 ひと目見て、相手を好きになる。 どんな性格か? どんなくせがあるか? なんて関係ない。 ただ、ただ好きになる。 だから初恋 誰もが 感じたことがある気持ち。 忘れていた心を思い出させてくれた。 胸キュン…

ヒッチコック トリュフォー

30年くらい前に読んで、うちの本棚に君臨している「映画術 ヒッチコック トリュフォー」の本の元となったインタビューを中心に、現代の名匠と呼ばれる監督10人がヒッチコックについて語る、ヒッチコック・ラブの映画。 小難しいことはわからないが、ヒッチコ…

湾生回家

生まれ育った土地で暮らす私にとっては、地元はごくありふれた街で、故郷と呼ぶには気恥ずかしい。 激動の時代に翻弄され、住んでいる故郷を離れざるえない人々にとって また、故郷が外国になり、 たやすく行けないことにより 望郷の念は一層募るのであろう…

151.06キロ 関門トンネルまでの日帰り輪行の旅

昨年やり過ごしたことをした。 12月27日.年末の慌ただし中に、心のリフレッシュで自転車で関門トンネルまで行くはずだった。 が、赤松峠までで断念した。 年も開けて、気分新たに 再出発した。 と言っても、まだベッドの中で天気予報を見ると、 なんと今日、…

この世界の片隅に

娘のオススメ作品で すずさんの年よりちょっと若い母と観に行きました。 NHKのタモリさんの番組であった様に、戦前の広島は渡し船が交通手段だったんですね。 そんなことを思い浮かぶ導入でした。 グイグイすずさんの世界にひきこまれました。 たくさんの人…

おじいちゃん、夜中に散歩行かないで‼︎

去年の4月に圧迫骨折をして体力が落ちたようなので、散歩を勧めた。 夏になると、散歩が定着して、家族が寝てる間に散歩を時々していたようだ。 「まだ空が暗いけど、 散歩という目的があるし、 ちゃんとうちに戻れるから、徘徊ではない」と思っていた。 デ…

ミュシャ展に行く

久々に美術館で絵画鑑賞。 ミュシャの作品は好きだが、絵画鑑賞をする体力が心配で二の足を踏んでいた。 学生時代、泰明小学校のそばで観たような、 いや あれはレーパンだったか、 たしか、第九の怒涛だった。 さて、ミュシャ展は 明日の日曜が最終日。 美…

聖の青春

将棋のルールはわからないけど、 羽生善治さんや村山聖さんは名前や顔ぐらい知っている。 将棋は戦い 生きるか死ねかの真剣勝負なんだ。 体重を10キロ増やし、将棋が人生そのものの村山聖 ネフローゼと共に生き、将棋以外には自信もなく、好きな子に好きとも…

ティファニー ニューヨーク五番街の秘密

ティファニー と言えば「ティファニーで朝食を」を思い出す。 ティファニーが魅力的な宝石で 女優、ファッション編集者、ジュエルデザイナーや知らないけど、有名らしい人がたくさん出演する。 前半はティファニーブルーにまつわる話。ティファニーの歴史や…

鹿児島3日目

恒例の朝の散策。 明治の偉人たちの像や向田邦子の関わりのある地を行く。 宿のすぐそばに鹿児島中央駅。 昔の西鹿児島駅かな? たしか、寝台富士の終点のはず。 大通りをまっすぐ行き、川に出る。 高見橋 川沿いで歩く人、走る人、犬の散歩の人 鹿児島の街…

和歌山3日目 新宮市

新宮駅に近い宿から、早朝の散策で大逆事件の碑や浮島をパラ〜と見学。 本日は自転車で新宮市の街を散策。 大通りで人が並んでいる店がある。 並んでいる人に聞くと、 鈴カステラが美味しいとのこと。 10分くらい並んで、鈴カステラをゲッ ト。 美味しいけど…

不安なこと

新しい環境は不安。 慣れるまでは誰とどんな話をしていいかわからず その日はただ過ぎていく。 価値感が似てる人に巡り会えたら、思ったことも言える。 でも、たのしいかいでした。新しい環境でピピンとくる人はすぐ見つからない。 新しい環境の自分の居場所…

お母さん、薬飲み過ぎてますよ。

水曜日の夕方。 短期記憶が乏しい母から 「喉ががイガイガするから病院に行きたい」 と、言われた。 夜間診察している病院で抗生剤と痰切りの薬もらう。 その日はうちで夕飯を食べてもらい、薬を目の前で飲んでもらう。 翌日にデイサービスに行けそうなので…

仕方がないね

なんで怒るんだろう。 ストレスの閾値が低いのかな。 おじいちゃんがまた、トイレを汚した。 「またなの、おじいちゃん」 「トイレ汚さないでよ」 娘の嫌味な一言 「可愛くない」 独居の老母が夕方に病院に行きたいという。夜間診察の病院はあるが、夕方は車…

慣れるということ

歩いて10分くらいのところに住む実父を看取り3年。 独居になった短期記憶が薄い母のことをき気にかけつつ、後期高齢者の義父を引き取って1年。 デイサービスがないときに、朝薬を飲んだかコールをしたり、 義父に散歩を促したり 義父の尿失禁の始末 薬のせい…

おじいちゃんの便失禁騒ぎ

11月なのに夕方、帰宅すると台所の窓が空いていた。 娘の「臭い。ウンコ臭い」 で、急いでおじいちゃんを調べると、 パンツやズボンはモチロン、下着のシャツにも便が付いている。 全部脱いでもらいシャワーを浴びてもらう。 と言っても、洗い残しが予想され…

湯シャン続けてます

湯シャン続けてます。 試行錯誤の末、 ①ブラッシングする ②洗面器のお湯でよく湿らせ、頭皮を指で洗う ③重曹の入ったお湯で洗う。 ④よく洗い流す ⑤酢若しくは柚子やカボスの絞り汁などの入った湯で洗う ⑥洗い流す ⑦タオルでしっかりと水分をとる。 ⑧ドライヤ…

おじいちゃの失禁騒動!

同居している義父はトイレが近い。 30分もせずにトイレに駆け込むことがある。 夜中も何度もトイレに行く。 時々こぼしたて床を拭いた跡がある。 先日病院でのこと。 丁寧に診察してくれる医師で受付して3、40分くらいしたころ。 診察を終えて前を歩く義父の…

介護すると自分の本性が見えてくる

義父と同居し、1年経った。 歩ける 耳が遠いが、喋れる 1人で食べれる 元来、無駄口をたたかないからかほとんど会話しないの人 要らぬことを言わない だから楽勝のはずが、転倒し 圧迫骨折してから、尿のトラブルが生じるようになった。 夏からは夜中に散歩…

ふたりの桃源郷

一人で観て感動したので、アンコール上映に老母を誘って観に行った。 1人で観たときに 亡き父を思い出した。 老後を山で自分たちの力で生活する姿に、こんな生き方もあることを教えてもらった。 娘さんたちの親に対する思いから、父への介護を振り返れた。 2…

点子、湯シャンを試みる。

断捨離のネットをみてたら、ミニマムな暮らしを知った。 イライラしないためには余分なものがない方がいい。 たくさん選択肢がある方がいいと思っていたが、沢山のシャンプーから何がいいから選ぶのは 楽しいか? 面倒くさいか? 点子には後者。 なら、シャ…

シーモアさんた、大人のための人生入門

美しい映画でした。 凛としたシーモアさんの生き方が美しい。 高齢者のでる映画は嫌みたいだが、 クラシック好きで美しいもの好きな女学生みたいな80代の母と観ました。 母はずっと前のめりで見入っていました。 シーモアさんがナレーションをしてました。 …

おじいちゃん、リハビリパンツで散歩から帰る。

朝の散歩が定着してきた。 家族が寝ている夜中に勝手に散歩に行くのが、たまに傷。 普段穏和な相棒の怒ったような声で目が覚めた。 「ズボンはどしたん」 おじいちゃんが上半身は洋服で、下半身がリハビリパン一丁でソファに座っていた。 肝心のおじいちゃん…

おじいちゃん、夜中に散歩に行かないで。

同居を始めて、約一年。 歩くことも、話もできて、ひとりでごは んも食べることができるおじいちゃん。 同居し始めの時は、体を動かすことが減 ってるせいで、足がむくんでいた。 新聞を取りに行くことと、自分で食べた食器を下げることを仕事にしてもらった…

自転車で 内成の棚田を見に行くつもりが、つかなかった休日

3連休の最終日。体育の日。 朝から申し分ない 良い天気。 写真展で見た、別府の内成の棚田を見に行く。 おじいちゃんのデイサービスのお迎えよ り先に家を出る。 賀来を抜けて、千代丸古墳の側をとお る。 坂が続く。 健脚でないから、自転車漕いだり、 押し…

院内を自転車で行く。石橋巡り

雨続きの週末でずっと 家の中の整理整頓、断捨離の日々。 曇りがちだが、自転車に乗りたくて 相棒と外出。 今回は点子だけ、自転車を車に積んで、 安心院方面に。 明礬温泉を通り過ぎ、APU付近から霧、 キリ、きり。 道の駅いんないに到着。 ここは柚子の産…

さとにきたらええやん

映画は、自転車に乗った中学生らしい子 の後ろ姿からはじまる。 彼の町を通り、 彼は進む、どんどん進む。 進んだ先に、里がある。 故郷の里。 子どもだけでなく、大人も 誰でもの 心の オアシス いつでも 誰でも 受け入れてくれる場所。 泊まってもいい。 …

和歌山〜奈良6日目 奈良市内をいく

和歌山の九度山の道の駅からの出発。 無料の高速や一般道路でを通り、 県庁の駐車場に停める。 ここは平日2時間無料。 春日大社だけなら2時間で大丈夫。 が、せっかくきたんだから、 奈良の大仏様にご挨拶。 二月堂にも、正倉院と欲深いから、 2時間無料はむ…

ロングトレイル

ロバートレッドフォードがおじいさんになっていた。 甘い顔つきで、男前なんだが、 私はポールニューマン派。 どこがどうって、よくみると、目が小さく落ち込んでいた。 男前も年にはは勝てないなぁ。 引退したのーと思わせるほど次回作の予定がない紀行作家…

日出まで自転車で行くシルバーウイーク

台風の動向が気になり、 シルバーウイークは 近場で日帰りの旅。 「日出に行こう」 相棒の一言で決まり。 点子は自転車に乗れるならどこでも良いのです。 平坦な道だが、関の江から日出の間にちょっとだけアップダウンあり。 片道は2時間もかからず、日出で…

ふたりの桃源郷

平日の午前での上映。 映画館には初老の特に女性がたくさん。 山口の山奥に暮らす寅夫さんとフサエさん夫婦。 夫婦と夫婦を支える家族のドキュメンタリー。 しっかりした意志を持ち、家族をリードしてきた寅夫さんと 「お父さんがなんでもしてくれた。わたし…