読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

点子がゆく

映画や自転車や温泉の話をするブログです。

姫島でサイクリングの休日

相棒が 「姫島に行こう」 の一言で、自転車を車に積んで伊美の竹田津港に向かった。 ナビが国東半島を横切るコースを推奨。 1時間半で港に着く。 12時のフェリーに乗れた。 フェリーでは自転車をしっかりと固定してくれてました。 向こうに見えるは伊美姫島…

和歌山〜奈良8日目

早朝散策。宿の周りを散策。水門も和風 川沿いを走る。犬の散歩コース。何匹もすれ違う。 40分ほど散策して、宿に着き、シャワーに朝食。 8時半に宿をでる。 車を宿に置き、自転車で奈良をライド。 見事に咲いた、薬師寺の蓮の花。葉っぱに朝露の玉が浮いて…

和歌山2日目 和歌山市〜紀三井寺〜那智の滝

和歌山2日目。 早朝のランニングしながらの散策で和歌山城に行く。 空襲で街や城が焼けたので、和歌山市は道路の幅が広い。 路面電車も通っていたらしい。 和歌川 ランニングしてた人に声をかけると台湾の旅行者でした。 台湾は新日家。 日本は人気があるそ…

和歌山〜奈良〜愛媛県9日目

石鎚山オアシスから眺めた西条市 高速を下りて、松山方面経由で三崎へと行く。 伊予市に入り、人出の多い店があり入る。 ピーマン、ナス、カボチャ、プチトマトなど野菜や干し椎茸など沢山買い、道の駅ふたみにゴー! 道の駅ふたみの焼きサザエと穴子 各500…

和歌山4日目 熊野古道をいく

昨夜の雨で断念した熊野古道を歩くのを本日決行。 熊野本宮8時33分発の 発信門王子行き のバスに乗るため、7時過ぎに新宮市の宿を出発。 宿はパン、飲み物、ゆで卵サービスなので茹で卵2個とコーヒーをかきこみ、パンは車の中で食べる。 8時には本宮駐車場に…

夏休み、第1日目は和歌山に行く‼️

相棒が寝坊し、朝7時に出発。 お盆休みで大分道はいつもより車が多い。 中国道を通り、SAで休憩のたびに運転 を交代する。 吉備SAではももソフトで元気モリモリ。 大阪の高速は乗り換えがわかりにくいので三木SAでインフォメーションのお姉さんに乗り換えを…

シュガーブルース

チェコの映画。 チェコで角砂糖が誕生したとは知らなかった。 妊娠糖尿病になってとうにょうのことから砂糖のことを考え、映画を作ったアンドレ・ツルコヴァーさん。 「甘くない砂糖の話」でも感じたこと。 地産地消 加工食品でない、素材を生かした料理が一…

あまくない砂糖の話

問題提起は「60日間砂糖を食べ続けるとどうなる?」 オーストラリアの俳優ディモン・ガモーさんが自分の体で実験して映画を作った。 砂糖を大量にとるためには、自炊ではダメ。 ひたすら加工食品を摂るのが早道。 脱砂糖まではできないが、 加工食品に疑問を…

セトウツミ

コミックと映画化作品。 セリフのやり取りが面白い。 川沿いの公園みたいな道のちょっとした階段に座ってだべる青春。 今注目の若手俳優2人。 セリフの面白さに映画を観ながら、久々に笑った。 脚本と思ってたら、原作のマンガが面白いのだ。 映画でなくても…

裸足の季節

映画は自分の知らない世界を見せてくれる。 世界は広いことを教えてくれる。 と同時に映像の持つ力を示してくれる。 舞台はトルコ。 トルコと言えばシシカバブとかきれいなスリッパ?とか親日派ぐらいしか知らない。 男の子も女の子も一緒になり海岸で騎馬戦…

世界をダマせ!ムーンウォーカーズ

予告編を観て、馬鹿馬鹿しさに惹かれて観ました。 70年代のサイケ風スタイルふんだん。 政府の関係者の強い男がバンバン人を殺す。 銃で撃たれ頭がふっとんだり、斧が飛んできたりとすぐ血の海になる。 暴力ものは苦手だか 現実離れしたバカバカしさでつい観…

すれ違いのダイアリー

ひとがひとを好きになる。 相手のことを想うとドキドキして、普段から考えられないくらいのエネルギーが出てくる。 そして、考えられないくらい行動を起こす。 恋をしたドキドキ感を思い出させてくれる作品。 場所はタイの考えられないくらい僻地の水上にあ…

ポケモンゴーはじめました。

子供に設定してもらったけど、あんまりよくわかんない。 ゲームもやったことないからなぁ。 ケータイ見ながら歩くと危ないなぁ。 でも子供がバッテリーセーバーのやり方を教えてくれたの。 親こーこーな子ども。 耳にイヤホンしてランニングしてる人、自転車…

ハリーとトント

確か、主役のハリー役の役者、アートカーニーが50歳代で演じ、アカデミー賞を取った作品のはず。 無言の行をしてる、メガネでふっくら系の孫とジャニスイアンみたいな女の子と「アリスの恋」でアカデミー賞をとったエレンバーンスタインとか言う名前の女優が…

3連休の朝、別大国道を走る‼️

休日の朝、家族が寝静まっている頃に目が覚めた。 平日できないことをやっちゃおう と、別大国道を久々に走ろう。 そして、別府温泉に入って帰る。 義父の朝食だけ用意し、温泉グッズ、着替え、財布、携帯をウエストポーチに入れる。 もう5時半。 あたりは…

教授のおかしな妄想殺人

妄想殺人でないよ。 ウッディアレンは猫の目みたいなエマストーンが好きなの? 若さの特権のようにノースリーブや短パンや演奏でのミニスカート。 眩しい‼️ でも、点子の好みでないなあ(*^^*) どう見ても哲学の教授にみえない、お腹の出てるホアキンフェニッ…

或る終焉

終末期の患者様を訪問する在宅医療の看護士演じるのがティムロス。 フランス・メキシコ映画で舞台がどこなんだろう。英語で会話してるから英語圏? 日本の介護保険を使った在宅の訪問看護と比べてしまった。 入浴や尿便の始末を素手でしていたのにはびっくり…

ノーマ

アマデウス

クラシック好きの母に 「モーツァルトの映画よ」 と誘って行った。 ストーリーは有名だったら、はぶきます。 モーツァルトの下品で幼稚で自分勝手振りがよく出でいる。 終盤のサリエリに代筆してもらい、レクイエムを仕上げようとするあたり、 頭から次から…

午後の遺言状

新藤兼人の映画は2本目。 新藤兼人は社会派みたいな、 かたそうなイメージがあったけど、 随所にユーモラスに富んでいた。 『一枚のハガキ』のようにテンポが早く、話にグイグイひきつけらた。 今テレビで活躍する松重豊、内野聖陽、永島敏行が若い。 短期記…

ヘイル、シーザー

初コーエン兄弟。 なんとなく面白そうで、考えなくてよさそうなので観た。 ハリウッドスタジオが舞台だから ミュージックあり、歴史物あり、カウボーイありと一粒で何度も味を楽しめる。 誘拐されたスターを探すんだけど、ジョシュのヘッドハンティングやら…

ゆふいん文化・記録映画祭その3『ママリン』

障害受容で言えば、 4.解決への努力 5.受容期 の段階の映像です。 母親の ママリンことアサヨさんのボケに対面し ⒈ショック ⒉否認 ⒊混乱期 の段階を越してしまったアッコちゃんと日々徘徊するアサヨさんとの4年間の日常を記録した映画。 驚くことにアッコち…

ゆふいん文化・記録映画祭 その2

本命の『ママリン 』まで休憩。 観光客気分で、由布院に貢献しましょう。 由布院といえば温泉。 その通り道に産直野菜屋さん 産直野菜を購入。 大根、モロッコ豆、玉ねぎ、じゃがいも これだけ買っても500円からお釣りがきました。 有名な由布院駅。 トイレ…

介護に行き詰まる

最近、義父にきつく当たることが多くなった。 歩けるし、喋れるのに尿失禁があり、夜中はオムツだった。 夜中は無意識にトイレにいきたがる。 うれしいけど汚されるのは嫌。 圧迫骨折してから動きが悪くなった。 時々、便の拭き残しがある。 うータマンねぇ…

ゆふいん文化・記録映画祭にいく‼︎

湯布院映画祭はむかーし行ったことがある。 ドキュメンタリー映画を観る機会が増えて、記録映画に興味が湧いた。 合同新聞にも掲載され、 介護進行形の点子は『徘徊 ママリン87歳の夏』にひかれた。 ドキュメンタリーと記録映画がイコールかどうかわかんない…

義父を介護する。

歩けるし、喋れる。 そんな義父を引き取り同居をして、9ヶ月。 義母の入院がきっかけだった。 夫は有料老人マンションを考えていたが、経済的に無理だから 私が 「うちに来てもらおう」 と、提案した。 自分から提案したのに、行き詰まっている。 はじめは一…

親の老いを受け入れられない

認知症と診断させた両親。 元気な頃は仕事で腹を立てると、家族の前で怒り、ものを投げていた父。 うまい具合に人には当てないように投げていた。 「ありがとう」とよく言っていた。 そんな父がアルツハイマー型認知症と診断させた。 背骨の圧迫骨折や狭心症…

一周忌をむかえるまで

いっ去年の10月に親が亡くなりました。あれから一年、一周忌がやってまいりました。初盆が終わるとすぐに、お寺さんと日程を調節し、お経の後の御斎をする場所(食事場所)に予約をして親戚に電話する日にちが近づいたら、また親戚に確認の電話し、本家の従…

無伴奏

「20歳が美しいなんて誰にも言わせない」 ポールニザンではじまった。 うん実家においてあるが、全部読み終えていないニザンではじまった。 映画好きの斎藤工さんがどんな映画に出るのか興味を持ってみた。 トーンを抑えくすんだ感じの映像に、BGMはバッハ…

点子、ひとりでウッドデッキを作る

洗濯物を干すのに台所から46センチ降りなければならなら。毎日大変。ウッドデッキ欲しいけど、業者に頼むと10万位?家族はフットワークが重い。人に期待してもしょうがないから、ひとりで作る。と言っても、よくわからない。ありあわせでウッドデッキを作っ…

ロブスター

45日間で恋愛しなかったら動物にされてしまう!希望の動物がロブスターなんだって。なんだそりゃ!予想もつかない、点子の頭で考えられないストーリー。偽装恋愛しちゃえばいいじゃない。冷酷なおんなのひとでなくて、フツーの人と。追い詰められて追いかけら…

グランドフィナーレ

美しい映像の映画でした。ドクターとリハビリと温泉やマッサージなどのリラクゼーション設備のある施設かと思ったらホテルに滞在するセレブたち。お金をかけていそうだが品の良いホテル。ホテルの幻想的なパフォーマンスゆったりとした自然。広々とした庭の…

ロパートキナ 孤高の白鳥

うれしいことに、シネマ5はよくバレエのドキュメンタリーを上映する。バレリーナは技術はもちろん、スタイルや容姿が良くて身長が高いと舞台映えする。キナの踊る姿のあまりにも美しさにウットリしてしまう。バレエの習いたちの頃から通ったバレエ学校の話、…

靴箱を作る

レンガを左右に並べ、板を敷きを繰り返し靴を並べていた。この春から家族がいる増えてお勝手の靴置き場には入りきれなくなった。レンガと板の靴置きに限界。お勝手の靴置きスペースのサイズをはかり、ホームセンターに行く。手頃の値段の板をカットしてもら…

永遠のヨギー

ヨガを習っているから観ないとなぁと映画館に行った。ヨガをすることで身体が軽くなる。ストレッチ気分。そんなこと言うと怒られちゃいそう。映画でもヨガをは体でなく心と言ってた。あっちの神様、こっちの神様と世の中にはたくさんの宗教や神様がいる。信…

孤独のススメ

映画館に向かう時は何か観るかは決まっている。決める手立ては予告編やチラシ。孤独な男が何も持ってない男と知り合いドラマが生まれる。予告編から妄想する。てっきり、浮浪者かホームレスと出会うと思っていたからきつねにつままれたような映画だった。映…

偉大なるマルグリット

自分の声を録音して聞くと、思っていた以上に低くびっくりした。自分の声って知ってるようで知らない。マルグリットは自分が音痴だと知らない。夫は金と社会的地位を利用して自宅の豪邸で妻のリサイタルを開く。音痴を知ってる観客は聞いたふりして拍車喝采…

アイリスアプフェル94歳のニューヨーカー

バイタリティーある高齢者を扱ったドキュメンタリー映画。高齢者の母を連れて行く予定が、体調不良でひとりで行く。しょっぱなからアクセサリージャラジャラのアイリス。ステキだけど、肩凝らないのかなあ。ブランド物から安物まで、幅広くおしゃれを追求す…

リリーのすべて

美しい映画です。ラストのスカーフが舞い飛び立つ姿自分らしく自由に生きるリリーのよう。自分の望む人生を生きることの困難さ。そして自由に生きようとする愛する人を支える辛さ。変わっていく相手を受け入れることはこんなにも辛く、切ないものなのか。も…

これが私の人生設計

建築家だからって「人生設計」の邦題は?海外で活躍していた建築家セレーナ。仕事は順調だが、心が満たされない。愛する故郷のイタリアに戻るが、男社会のイタリアでは満足のいく仕事ができない。そこで、ゲイ友に影武者になってもらい、コンペに出品。この…

地震後の別府へ行く

熊本の地震が報道で大きく取り上げられているが、大分の別府、湯布院など阿蘇に続く地点でも被害が多かった。久々に自転車に乗り別府に行ってみた。往復30キロのたび。相棒と一緒。とりあえず別府公園を目指す。松原通りから流川通りの間。こじんまりした、…

恋におちて

ドキドキしたくて、なつかし「恋におちて」を午前10時の映画祭で観た。この企画、何度か観に行くがこんなに観客が多いのははじめて。みんなドキドキしたいんだなあ。昔みたいにドキドキしたいんだなあ。ペアもいる。 女同士の友だち男、女のひとりもいる色白…

幸せをつかむ歌

メリルストリープ主演。メリルストリープといえば、「クレーマーvsクレーマー」ガイジン外人した苦手な顔美人ではないなぁその存在感個性的でど迫力あり過ぎで観るものを消化不良にしてしまう「追憶」にも出てたいろんな役をこなし、今回はロック歌手、それ…

橋の下のアルカディア

中島みゆきの「夜会」のシリーズらしい。2500円、勇気を出して観た。中島みゆきの歌声が素晴らしいのはもちろん猫っぽい美女が出でくる。歌声、どっかできいたことがある。あ、友達の詩の中村中さんだ。中村中といえば「友達の詩」数年前、せつなすぎる歌詞…

潔い生き方

実家の押入れを片付けた。子どもの頃使ってたタオルケットや懐かしい柄の布団初めてお目にかかる羽毛布団の数々表がネット風の掛け布団カバー四捨五入すると90になる母と2人では感傷的になると作業が進まないだろうと、有料で他人に手伝ってもらった。「いる…

ひとり花見

職場の近くの川沿いに桜の名所がある。通勤の車から桜のピンク具合をチェック。新年度になり慌ただしい中、昼休みに弁当を持ってひとりで外に出た。カメラ片手のひとベビーカーを押してるママ友たち老夫婦 家族連れ散りかけた桜の絨毯の下で桜を愛でる。あり…

ゆる〜り天草自転車&車旅3日目

風来坊さんの朝は波の音。昨夜は真っ暗で何も見えなかった。外が明るくなったので、朝ラン+探索に出かけた。宿を出て右側にいくと海。ご主人手製のデッキがボルト固定で、頑丈そう。民家をナチュラルに改装した風来坊さんゆっくり寝れました。昨夜は真っ暗で…

井出ちゃんぽんと格闘する‼️

遅いお昼に井出ちゃんぽんさんに行った。86才の母とふたり。用事の途中なので、パパッと済ませたかった。2時過ぎで空いてた。井出ちゃんぽん700円を注文する。母は初井出ちゃんぽんだから、「量、多いよ」と 忠告した「大丈夫」と2人前頼む。きたー いつも通…

Maikoマイコ ふたたびの白鳥

ドキュメンタリー映画はドラマより劇的だ。ドキュメンタリーを見るたびに、そう感じる。どうしてその人の劇的なジャストタイムに巡り合うのか不思議でならない。15歳でロンドンの名門、ロイヤルバレエスクールに留学し、ノルウェーの国立バレエ団のプリンシ…