読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

点子がゆく

映画や自転車や温泉の話をするブログです。

マルガリータで乾杯を!

f:id:tenkochaniine:20151206212257j:image
インドは階級社会と言われるが、障害のある主人公が電動車椅子を駆使する大学生でバンドに参加している。
そうしている間に失恋し、アメリカに留学するようになった。
ニューヨーク大学の合格が出るが父親を反対。
それを無視し、母親がむすめのしたいことをグイグイ引っ張って2人でニューヨークにいく。
残った父親と弟の生活はどうなる?
なんておくびにも出さずに、話は進む。
自由に育てられた娘ライラはデモに参加し盲目のパキスタンの女子と仲良くなる。彼女はバイセクシャル
バイセクシャルの世界にも踏み入るが、異性も好きなライラは白人の男性とセックスもする。
春休みにインドに帰省するライラのバイセクシャルの友だち。
帰省中、母親にカミングアウトするライラ。
ライラに自分の病を告げずにいた母が末期がんでなくなる。
葬式がすむとバイセクシャルの友だちはニューヨークに戻り、ライラは髪型を変えて、前進するために鏡の自分に乾杯をするところで終わる。

ストーリーがてんこ盛り過ぎて、話がどんどん進んでいく。

どんな状況でも母親は子供を包む愛。
挫折してもまた笑顔で進んで行くライラ。
インド人であろうが、障がい者であろうが、
学ぼうとすること
人を好きになること
性に対すること
家族の死

どれも一緒。
バイセクシャルな友だちが言う。
自信をもちなさいと


どんな状況でも母親や家族から愛されてきたライラ。
だから辛い現実にも、挫折しても前を向いていけるんだなぁ。
ひとつに髪を束ねたライラ役のカルキコーチリンの笑顔がステキな映画でした。