読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

点子がゆく

映画や自転車や温泉の話をするブログです。

潔い生き方

実家の押入れを片付けた。

子どもの頃使ってたタオルケットや懐かしい柄の布団
初めてお目にかかる羽毛布団の数々
表がネット風の掛け布団カバー

四捨五入すると90になる母と2人では感傷的になると作業が進まないだろうと、
有料で他人に手伝ってもらった。

「いる」     「いらない」
を区別していた。

「嫁入り布団だ」

母の声。
「もう使わないからいいわあ」

そう言われて、ゴミ袋に入れた。

「嫁入り布団」この布団にそんな歴史があったんだ。

おじいちゃんおばあちゃんが母が結婚する時にもたせてくれた。

そんな事実を聞かされると、ゴミ捨てする袋に入れたものの捨てることに罪悪感がうまれた。

ゴミ捨ての日にもう一度母にいらないかた尋ねた。

「もういい」

そう言われても、踏ん切りがつかない私。

最近は羽毛布団が主流で、実家ではもう使わなくなった布団だ。

「(夫である私の父親)がいないから、もういらないわあ」

こんなに潔く捨てるのを肯定する母が羨ましい。

私が80代になって、こんなに潔く生きられるかなぁ。

一旦は布団をとってこうとした私には
はるか彼方の話のようである。