読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

点子がゆく

映画や自転車や温泉の話をするブログです。

一周忌をむかえるまで

いっ去年の10月に親が亡くなりました。

あれから一年、一周忌がやってまいりました。

初盆が終わるとすぐに、お寺さんと日程を調節し、
お経の後の御斎をする場所(食事場所)に予約をして
親戚に電話する
日にちが近づいたら、また親戚に確認の電話し、
本家の従姉妹にお返しのやり方、お供え物のことを相談し、
前日にお返しの品を用意する。
その他諸々をひとりでするしかない。
従姉妹の姉さんはこんなこと四人分を見てきてやってきたひと。
頭がさがる。


それと同時にお墓の用意。
生前に寺に墓の土地は確保してくれていた。
仏様になった亡くなった親は次男なので入る墓がない。
何軒か墓石屋巡りをし、墓石屋さんを決め、墓のデザインや文字の形を決めるまでの道のりの長かったこと。

「初盆に間に合わせなさいね」

でも、初盆だけでも大変な重荷。

従姉妹のおねいさんの助言も聞かなかったふりをして、初盆までに墓を作る今年もはパスしました。

横型のシンプルなシャレた墓です。
やっとお墓もできました。
一周忌に納骨もします。

慌ただしい一年でした。

無我夢中の一年。

一周忌の御斎で、葬式でいわなかった父への想い、最期の日々のことを身近な親族に話をさせてもらいました。

亡くなる数日前に父が言ったお別れの言葉や写真を用意した。

だって、ただ食事して世間話するだけでなく、出来たら父のことを思い出して欲しいから。