読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

点子がゆく

映画や自転車や温泉の話をするブログです。

霊山、一人登山

天気の良い土日休みです。

 

山登りターイ

 

で、日曜朝に家族におにぎり朝ごはん 🍙を用意して、

「霊山行って来まーす」

 

いつもは集落のところから登ると頂上まで2時間くらい。

 

今日は端折って、霊山寺の駐車場に停めるから半分の片道1時間コース。

 

7時40分出発。

 

霊山は日課のように登る人達は早朝に登る。

この時間帯は人に出会わないなぁ。

 

トレイルランしているおじさんに出会っただけ。

 

久々の霊山。

ボランティアの方が綺麗に手を入れて、舗装されてるところがあちこちf:id:tenkochaniine:20170312093716j:image

 

 

ひとり登山のいいことは、一人ということ。

山に一緒に登るにとは気兼ねないひとばかりだが、

自然と気をつかうこともある。

 

他人のことを考えなくていい。

 

自分と自然に向き合えばいい

   

f:id:tenkochaniine:20170312083234j:imagef:id:tenkochaniine:20170312083250j:image上り詰めたら左右に分かれる。右だよ

 

森林セラピーが立派な頂上碑を建てていましたわ。やったー。

山頂f:id:tenkochaniine:20170312083624j:image

f:id:tenkochaniine:20170312083717j:imageまだ進む

展望台f:id:tenkochaniine:20170312084329j:image

まだ歩いて行くとf:id:tenkochaniine:20170312084621j:imagef:id:tenkochaniine:20170312084630j:image気温は10度

f:id:tenkochaniine:20170312085410j:image大分市が見える。

手前は雄城台高校

f:id:tenkochaniine:20170312085314j:imageここで休憩する。

 

自分を振り返る

 

上手くいかないこと

 

苦しいこと

 

ノートに書く

 

山の空気に触れると

 

そんなことが

 

たいしたことでないこと

 

降りて、温泉でも浸かりましょう

 

 

折り返し地点。

 

おりる、おりる

ひたすらおりる

 

 

登ってきた人に挨拶したら、

話が弾む

 

この山に100回登ると言っていた

 

またいつかお会いしましょう

 

 

 

f:id:tenkochaniine:20170312102723j:image自然の家の跡

f:id:tenkochaniine:20170312104144j:image10時40分、下山

 

帰りは遠回りだが、別府の温泉まで行く

f:id:tenkochaniine:20170312114754j:image東町温泉

だーれもいない

貸し切り

 

帰りは昼ごはんの買い物をして帰宅