点子がゆく

映画や自転車や温泉の話をするブログです。

野球部員、演劇の舞台に立つ!

f:id:tenkochaniine:20180421171820j:image

野球部と演劇のいっけん、

関連性のないもの同士が出会った話

 

八女が舞台というところが、九州人としてはひかれ、

 

一週間限定上映につられてみたら

 

面白かった。

 

はじめは、えらいど素人の役者?

 

はたまた、素人の芝居だなぁ

 

そう思っていた。

 

 

表情も一般人。

 

素人くさい顔。

 

 

商業映画なんだから、そんなはずないですね。

 

どんどん上手くなる。

 

て、ことは

 

この人たち、演技力あるということか。

 

宮崎美子さんの演技がワザとらしく感じるくらい、

高校生たちの演技は

しょっぱなは下手に見せる演技でした。

 

みていて、飽きず、

 

時にユーモアあり。

 

上手く表現できないが、みてよかった‼️

 

 

 

 

 

ビッグシックス

f:id:tenkochaniine:20180415230346j:image

 

原題の「大病」って何?

 

パキスタン🇵🇰は見合い結婚👰🤵出なきゃダメだとか

 

 

パキスタンイスラム教だなんて

 

知らなかった

 

相性は感覚がバロメーターだから、

 

この人と思ったら、グイグイ行くしかないね。

 

コメディアンのクメイン

 

ここぞと思う彼女エイミーに出会う。

 

エイミーは美人でないけどチャーミングなこ

 

 

で、相思相愛。

 

 

でも、彼女を取るか?

家族を取るか?

 

究極の選択をしなければならない。

 

家族の結束の硬い社会の中で流されている間に

 

彼女から愛想つかされ、破局

 

突然のエイミーの大病

 

エイミーが昏睡状態の間に

 

エイミーの両親と出会い、過ごすうちに

 

心の中のエイミーの存在に気づく

 

そうなの

 

元気な時や順調に物事が進んでいる間は

 

当たり前だった

 

ありふれた毎日、当たり前の日々に

 

感謝することを忘れる。

 

何かことが起こって

 

大切な物が見えてくる。

 

再度、エイミーを失った時に

 

自分に残された物はコメディアンとしての仕事

 

 

これに全力をかける

 

 

そして、最後は

 

 

あっという間にくる。

 

 

見終わって、微笑みたくなる映画でした。

 

 

 

 

 

 

 

青春18切符で桜見ながら、東京に行く旅

3月下旬、しまなみ海道縦走のイベントを参加し、

そのまま、気ままな一人旅をした。

 青春18切符分のJR利用をまとめみた。

青春18切符以外の交通費は0円とした。

 

f:id:tenkochaniine:20180329054707j:image八幡浜から乗った列車f:id:tenkochaniine:20180329054606j:image

○1日目           2840円

   臼杵の港までJRを利用し、フェリーで四国入りする。

フェリー到着の八幡浜から波止浜まで、JRを利用

 

○2日目        0円

   しまなみ海道縦走はマイ自転車🚴‍♂️で走る。

 

f:id:tenkochaniine:20180329054606j:image今治側のしまなみ海道スタート

むこうにループ橋が見える

 

○3日目        0円  

   東京の桜🌸を見たくなり、新幹線で行く

 

新幹線からの富士山f:id:tenkochaniine:20180329055253j:image

○4日目       0円  

     都内の桜見物

 飛鳥山の桜f:id:tenkochaniine:20180328163715j:image    f:id:tenkochaniine:20180328163749j:image

 

 

f:id:tenkochaniine:20180328175457j:image       

 

 

   f:id:tenkochaniine:20180328175541j:image公園の桜f:id:tenkochaniine:20180328175617j:image🌸

 

 

 

北とぴあの桜f:id:tenkochaniine:20180328175725j:image

 

 

 

 

 

 

皇居の桜f:id:tenkochaniine:20180328163641j:image

 

f:id:tenkochaniine:20180328175812j:image          f:id:tenkochaniine:20180328175837j:image

 

目黒川の桜f:id:tenkochaniine:20180328175911j:image

 

○5日目      帰路    

東京から広島へ

 

f:id:tenkochaniine:20180329055153j:image始発に乗る

途中下車してさくら夙川の桜を見物

        東京→さくら夙川     8960円

       芦屋→新白島             5400円

 

f:id:tenkochaniine:20180329055350j:image豊川の稲荷弁当

 

 

さくら夙川の桜  f:id:tenkochaniine:20180329055449j:image

 

 

f:id:tenkochaniine:20180329055533j:image

 ○6日目     帰路

広島から九州に戻り帰宅 

 

f:id:tenkochaniine:20180329055607j:image広島城に近い新白島

広島駅からひとつ下った駅

    新白島→大分                6160円

 

3回分使って、合計23360円

 

あと2回分を4月10日まで、どう使おうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しまなみ海道走りながら、考えた。

7回目のしまなみ海道縦走

 

年中行事のようになり、

 

この時のために仕事をやり繰りし、休みまで仕事をした。

 

 

輪行袋を担いでの旅はしんどく

 

宿もキリキリに取り、あたふたした。

深夜に宿に着いたときは疲れ果てていたり

 

今回は

 

青春18切符を使うこと

 

輪行すること

 

しまなみ海道縦走すること

 

安いゲストハウスなどに泊まること

 

をメーン決めてきた。

 

スタート地点のサンライズ糸山に着くと

 

ワクワクしてきた。

 

 

昨夜までの疲れはサヨウナラ

 

f:id:tenkochaniine:20180325093005j:image橋までのスロープ大好き❤

 

道路と橋までの高低差を解決すべく、スロープやカーブの道がワクワク感を増す。

 

しまなみ海道縦走はお祭りだ。

 

5時までに尾道に着けば完走賞の今治タオルがゲットできる。

 

 

f:id:tenkochaniine:20180325093538j:image最初の橋、来島海峡大橋

ここを自転車を漕ぎ、、海を眺めると

 

「今年もこれた」喜び

 

体力的にも、経済的にも、

来ることができたことに感謝。

 

好き勝手できると羽を伸ばしす?家族が快く送り出したくてくれたことに感謝

 

 

f:id:tenkochaniine:20180325093601j:image蕾の桜とともに🌸

f:id:tenkochaniine:20180325093639j:imageこの色!

f:id:tenkochaniine:20180325093653j:imageエメラルドグリーンの海を見たら、心ときめく

f:id:tenkochaniine:20180325093741j:image多々羅大橋

 

f:id:tenkochaniine:20180325093823j:image

f:id:tenkochaniine:20180325093850j:image

海の青さを眺めながら、

ただひたすら、自転車を漕ぐ

 

自転車に🚴‍♂️漕ぐことに集中すると、無心になれる。

 

走り続けるとお腹が空く

 

 

瀬戸田の商店街の玉木商店のチキンは最高!

f:id:tenkochaniine:20180325095050j:image

 

f:id:tenkochaniine:20180325094811j:image              f:id:tenkochaniine:20180325094821j:image

 

f:id:tenkochaniine:20180325095201j:image隣のケーキ屋のシュークリームは甘過ぎず、皮がパリパリで美味しい。

 

体を使い、無心になり、お腹が空いたら食べる。

 

そして荷物はできるだけ少なく

 

 

こんなシンプルなことが、

 

うれしいのです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついつい、宿のオーナーさんの話を聞き過ぎて、のんびり過ごし過ぎ

出発が遅れてしまいました。

 

 

宿を出て、龍神社⛩にお参りして出発

f:id:tenkochaniine:20180325091234j:image

f:id:tenkochaniine:20180325091254j:image

f:id:tenkochaniine:20180325091338j:image

波止浜のゲストハウスの個性的なオーナーさん

f:id:tenkochaniine:20180325084301j:image

しまなみ海道を縦走するのに一番近いJRは波止浜駅。

 

何度か利用する無人

 

青春18切符🎫で波止浜駅到着22時半は過ぎる。

 

今治観光協会に電話し、ネットを駆使して、

ゲストハウスをとる。

 

年配の女性の方がオーナーらしい。

遅い到着に一瞬、間があるが  

 

「お待ちしてます」

 

で、安心した。

 

無人駅で駅周辺に店がない波止浜

暗くてわかりづらいと予想されるので、波止浜に着く前にグーグルマップと宿のアクセスで宿までの道のりを暗記する。

 

やはりあたりは真っ暗だが、無事に着いた。

 

スナックらしい店舗に手を加えているようだ。

 

古いが、1人部屋。

 

オーナーのおばちゃんが何度も気にかけて、ポンカンの差し入れや丁寧な館内説明を受ける。

 

お話好きなオーナーさん。

 

平家の落人で武士の出で、門限5時の厳格な家庭に躾けられた。

 

館内に飾られた個性的な絵は🖼息子さんの作品。

 

f:id:tenkochaniine:20180325090039j:imageオーナーさんは70歳を過ぎた方だが、肌がツヤツヤしている。

赤いカーディガンがよくお似合い

 

花柄のソファ🛋カバー、花びらのランプシェード

f:id:tenkochaniine:20180325090334j:image個性的

 

息子さんは早めにリタイアして、画家と作家をしているらしい。

「息子は好きなように生きている」

 

そう言いつつも、厳格だったご両親と、ご主人の死後、好きな商売を手広くやってらした

あなたも十分好きなように生きてるわよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宇和島フェリーはいいフェリー

臼杵駅から八幡浜行きのフェリー乗り場までは⛴あるくと20分くらい。

 

 

輪行袋から自転車を出して🚲組み立てる。

 

自転車に乗るのは5分くらい

 

フェリーの切符を買って、

 

今度は輪行袋に詰める。

 

モタモタしていると、作業服を着た見知らぬおじさんが立っていた。

 

「これ、軽いのや」

 

冷やかしの人かと思っていたが、

よく見るとフェリー会社の人

 

「すみません。なるべく早く袋に入れます」

 

おじさんは

「遅れてもいいよ」

 

え、そんなことできるの

 

と思いつつ、

間に合わない時は、バラバラのままとにかく、乗船する覚悟で、作業を続ける。

 

おじさんがいたことで、一層あせる。

 

どうにか、輪行袋に詰めると、

 

「持っていっちゃげる」

 

と、おじさんが自転車を担いだ。

 

 

やさしい、そんなに点子を甘やかさないでいいよ。

 

心で思いつつも、助かったという思いでいっぱい。

 

輪行は楽しいが、やはり重い。

 

f:id:tenkochaniine:20180323213614j:image

おじさんはフェリー⛴に自転車を乗せると、すぐに振り返り、陸へと戻った。

 

おじさんは陸での作業の方のようだ。

 

おじさん、ありがとうございました。

 

輪行袋は肩からさげられるが、

上からタイヤを掴んで、階段を昇り、客室に行

く。

階段の昇り降りは結構キツイ。

 

船の中は綺麗だ。

f:id:tenkochaniine:20180323220633j:image女性専用のエリアがあり、のんびりと横になる。

 

トイレも綺麗。

 

 

 

落ち着いたら、今夜の宿を決めないと。

 

しまなみ海道に一番近いJR駅は波止浜

 

青春18切符は1日に2310円以上乗らない元が取れない。

 

せっかくのだからしまなみ海道に1番近い波止浜駅まで行くか、ひとつ先だが便利な今治まで行くか。

 

どっちみち着くのは22時は過ぎる。

 

ネットを駆使して、安い、駅から近い、明日の朝、便利などなど

 

楽天トラベルでピタリとこないなで

今治観光協会に電話してみる。

 

船の上で、電話は通じにくい。

 

下船するまで、ひたすら、宿の情報収集。

 

出発前に宿を決めるという手もあるが、

 

宿を決める、行くルートと決まってしまう。

 

土曜のイベントで85キロを漕いだ後、尾道で宿を探すのは至難の技。

だから、土曜だけは宿をきめてる。

 

でも他は、宿はその場で、その日に決める。

出発時間、移動手段は決まってないなで 宿も決められない。

 

はじめから全て決めすぎると面白くない。

 

と言っても、野宿はハード過ぎる。

 

そんなことしてる間に八幡浜に着きました。f:id:tenkochaniine:20180325084026j:imageフェリーから見た八幡浜

 

f:id:tenkochaniine:20180325084058j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青春18切符で輪行してしまなみ海道に行く!

f:id:tenkochaniine:20180323133144j:image

毎年参加しているとしまなみ海道のイベント。

今年は3月24日25日。

 

23日の昼から出発する。

 

ひとりだから青春18切符🎫で移動しよう。

 

小倉系で尾道出発か、

フェリー⛴で四国に渡りJRで今治出発か、悩む。

 

どちらも到着時刻は22時過ぎ。

 

尾道出発だと最初の駅と最後の駅で自転車を出し入れするだけ。

 

今治出発だと、フェリーとJRの乗り継ぎで自転車の出し入れがある。

 

尾道出発だと乗り継いで10時間列車🚃だと退屈しそう。

 

悩んだあげく、

臼杵からのフェリー⛴に決まり。

 

 

 

輪行袋の出し入れを復習し、

馴染みの自転車屋さんで整備してもらう。

 

東京は桜の開花🌸宣言したと思うと、雪が降り

 

日本中、天気が定まらないなか、

 

どのダウンやフリースを持って行くか悩む。

 

でも、28ℓのリュクに悩んでいる余地なし。

 

車の旅と違い、輪行だと 荷物は自分が運ぶ。

 

リュックは持てるだけの大きさのもの。

 

大きすぎたら、自転車を漕ぐのを楽しめない。

 

荷物はすくなければすくないほどいい。

 

旅行荷物の断捨離

 

でも今みたいな天候不順の時は、ついつい荷物

が増える。

 

リュックに荷物を入れてみては、出して、減らす。

そんなことを2日もしている。

 

気になる服を着てみて鏡でチェック

 

 妥協することも必要よ。

 

まあいいかと思うことも大切。

 

山登りと一緒で、まずはなければ困ることを考

えてパッキングする。

 

ちょっと急がないと、電車🚃に遅れます。

 

準備オッケー。

 

f:id:tenkochaniine:20180323200113j:image輪行袋に詰めて、青春18切符を購入。

 

臼杵に向かって行く。