点子がゆく

映画や自転車や温泉の話をするブログです。

おとなの恋の測り方

f:id:tenkochaniine:20170723151402j:image136センチの身長の男と女の恋

 

女は弁護士。

男は洒落た会話ができ、才能あふれる建築家でパーティができる家を持っていて、お金ありそう。

顔も渋くていいが、難点は136センチの身長。

 

お金もあり、ウィットの効いた会話もでき、社会的にも地位があるのに、何悩む。

 

女の義理の父が聴覚障がいなんて、できすぎた話だ。

 

恋をするのはじぶんだが、カップルを見る周囲の反応に過敏なんだね。

 

見かけだけで違いがわかる人は生きづらい。

 

聴覚障がいのように、見かけで判断できない人には寛容。

 

当事者でないからそんなこと言えるんだなぁ。

ヒロインの心の闇ってみんな持ってるんよ。

 

小さく見せるための遠近法を使ってたのかな?

ミツバチのささやき

f:id:tenkochaniine:20170718222159j:image

学生時代   岩波ホールで観た。

旅芸人の記録」とともにあの時の感動

した記憶だけある。

 

主役の子役の観ている人を釘付けにする瞳。

 

何に感動したかおぼえてない。

 

ただ、こんな瞳で子供の頃、世の中を見

ていたんだと思うと

 

愛しくてたまらない。

 

この子ありきの作品。

 

 

 

 

マンチェスターバイザシー

f:id:tenkochaniine:20170709222616j:imageごく普通の人の心の痛みを静かに描いた作品。

 

「アルゴ」のベンアフレックの弟、ケイシーアフレック主演。

 

ケイシー演じるリーはお腹がでてて、見るからにダサい男

普通加減がいい。

 

 

仕事は何でも屋、修理屋。

 

訳あって故郷から離れて1人で暮らしている。

 

兄が急死し、高校生の甥っ子の後継人となる。

 

兄の死に関する現在と、故郷で暮らした日々がリンクする。

 

セリフのない状況説明の場ではアルビノーニアダージョが流れる。

 

 

向田邦子の名作「あ   うん」に流れた曲

 

 

 ロバートレッドフォードの「普通の人々」のパッフェルベルのカノンの様に胸打つ曲

 

静かに流れる曲は、見てるものの心にリーの心情を深く模索させる。

 

 

甥っ子と兄とは3人で船に乗ら様子から

 

仲の良いのが感じられる。

 

 

何事もなければ、このまま、身内ととも

に故郷で一生を終えたはずだが、

 

悲しいことに

 

最愛の子どもたちを事故で失う。

 

そのため、夫婦仲も壊れてしまう。

 

その当時、妻はメンタル的にいっぱいいっぱいの様だ。

 

仲間と夜中に騒がのは男の人ならある様なこと

 

心が折れかけた妻にとっては鬱陶しいがられるが、妻を愛している。

 

子どもが可愛くてしょうがない。

 

誰が悪いわけでもない

 

 

どうしようもない事故

 

 

やり場のないリーは

1人酒場で見ず知らずの人に因縁をつけてしまう。

 

 

あまりに悲しく救いようがないのだが、再婚して妊娠している元妻と再会する。

 

あの頃、リーを責めていたことを詫びる。

 

救いがあってよかった。

 

とは言え故郷に住まず、甥っ子とは離れて暮らすが、甥っ子が泊まりに来ることを考えた部屋を借りる前向きになり安心した。

 

他人の痛みをわからないけど、大なり小なり   ひとには     傷が心にある。

   

 

うまく言えないが、普通っぽいリーが良かった

 

 

 

 

 

人の悪口を言う

f:id:tenkochaniine:20170702071207j:imageどこの職場でのいちばんの問題は人間関係だろう。

 

わかっているけど、人は他人を動かさないと

 

気の合う人として、ぼろっと第三者のことを話題にする。

 

「あの人のここ気になるんだけど」

 

 

相手が話題にすると、ついつい便乗して付け加えてします。

 

 

ついには悪口に発展する。

 

 

わー、もうアウト

 

第三者の話題を持ち出すところでアウト

 

意志の弱い私は

 

言った後の気持ち悪さと

後悔ばかり

 

 

度重なると、自分で蒔いた種なのに

 

しんどくなる

 

そんな場面に出くわさない様に

 

一緒に言った人をつい避けてします。

 

いつまでたっても成長できないワタシ

 

 あんまりしんどい時は

休日に山に登る

自然に触れる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

扇ケ鼻を登る

f:id:tenkochaniine:20170604122220j:image登山教室のメンバー約30名と扇ケ鼻に登った。

 

こんな大人数で登ることははじめて。

 

赤川登山口からのコースもはじめて

 

 

久住山が目の前だが、扇ケ鼻に登った

 

久住山山開きで人が多かった。

 

晴天過ぎる天気

 

木々の間から    吹く風の気持ち良いこと

 f:id:tenkochaniine:20170702065727j:image

梅雨に入ったらしいが良い天気でした。

 

f:id:tenkochaniine:20170702065657j:image

 

 

 

 

突然炎のごとく

 言わずと知れた、トリッフォーの代表作。

 

男、男、女の三角関係を描いた有名な映画  

 

 

ジュールがジムと出会い友情が芽生え、カトリーヌと知り合う

 

女性のスカートが足首まである1910年代のパリ。

 

 

さりげなく、壁には、ピカソアルルカンや青の時代の作品がさりげなく飾られている時代から

 

第一次大戦を通し、

 

 

ココシャネルの出現によって

スカートの丈が膝下になり、

カトリーヌが自動車🚗を運転する時代。

 

話はいたってシンプル

 

3人の男女のもつれ

 

女はミューズのように美しく

崇められる

 

ジャンヌモローにぴったりの役

 

カトリーヌは声をかけたのに無視されると怒る💢

自己中な女

 

そんな荒馬のような女を手なづける快感か、ジュールやジムは惹かれて行く

 

でもそんな女はたまにならいいが、

妻にしたら、しんどい

 

ジムはカトリーヌに惹かれるが、 

うんざりして遠ざかる

 

ピュアなジュールはカトリーヌを手放すのが怖くて、ジムにカトリーヌとの関係を求める。

 

そこまでしてカトリーヌを 引き止めたいのか?

 

昔、若い時みたら

ジャンヌモローのだめの映画だとおもった

 

今見ると、

 カトリーヌを手放したくない一心のジュールのだめの映画だ。

 

ジャンヌモローの歌が耳から離れない。

 

 

 

 

 

 

ジャンヌモローの魅力満載

 

ジャンヌモローが歌う、こどものうたみたいな繰り返しの歌が、頭からこびりついて離れない

 

 

博多の街にやって来ました。

昨日、研修会に参加するために福岡市に来ました。

 

研修後は知り合いに会い、博多駅ビルのテムジン餃子とビールで乾杯。

 

大喰らいな若者が夏バテ気味なので、4人で7000円におつりがきました。

 

駅付近で宿泊。

 

一夜明け、駅からキャナルなど、

朝ランしてみました。

 

f:id:tenkochaniine:20170702064711j:image川沿いに行くと大きな灯籠がありました。

f:id:tenkochaniine:20170702064745j:image商人の町、博多の象徴の様に、寄付した商家の屋号入りです。

f:id:tenkochaniine:20170702064909j:image

 

那珂川見えますf:id:tenkochaniine:20170702064947j:image

 

ちょうどバーゲンセールの最中で、ノースフェイスのパンツやメリノウールとドライ素材のシャツ👚をゲットできました。

 

那珂川沿いの風の気持ち良い

 

博多の朝