読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

点子がゆく

映画や自転車や温泉の話をするブログです。

無伴奏

f:id:tenkochaniine:20160604180526j:image

「20歳が美しいなんて誰にも言わせない」
ポールニザンではじまった。
 
うん実家においてあるが、全部読み終えていないニザンではじまった。
 
映画好きの斎藤工さんがどんな映画に出るのか興味を持ってみた。
 
トーンを抑えくすんだ感じの映像に、BGMはバッハやパッフェルベルのカノン。
『普通の人々』に流れていた。
 
 
 
人生でいちばん自由な学生時代。
 
思いっきり自分のなすがまま行動し、
恋愛してた時。
 
つかみどころのない渉に入れ込んでいく響子。
 
よくある2カップルの4人のグループ。
 
海行ったり、部屋でナーントなく過ごしたりと懐かしい時代。
 
学生時代ってお金がなくても、時間がありあまり、暇を持て余す。
 
人を好きになる、恋愛するには充分な時間がある。
 
恋愛すれば
初キスし、セックスと青春を謳歌する
響子たち。
 
愛し合う響子と渉。
そう信じていたのに、渉は他の人を見ていた。
 
好きな人のために我が身を投げ打つ渉。
 
そんなにも全てを人のために点子は投げ出せたか?
 
こんなにもヒトを好きになれるのかと、
夢中で恋愛した。
 
純粋に好きになれた。
 
そんな若い頃を思い出させてくれた映画。
 
成海璃子が雪の中、お寺であろう階段をのぼる映像の美しいこと。
 
 
映画大好きな斎藤工が出るので観てみました。